2011年04月09日

花見をしました

といっても毎年、近所をぶらっと散歩するのが我が家の花見。
今年は4月7日にカメラを持って出かけたところ、桜並木はまだ五分咲きでした。
それでも、あちこちに春の息吹が。
ああ、よかったなあ。
いつにも増してしみじみしました。
hanami3.JPG hanami1.JPG
毎年元気な桜。この桜だけが満開でした。
hanami4.JPG
昨年の夏、夜のウォーキングではいつもこの辺りでウシガエルが鳴いていました。
今年はどうかな…?
hanami2.JPG
土手沿いにはたくさんお花が咲いています。ご近所の方が手入れをされているようです。
hanami5.JPG
家の前の川は海から8km位、潮の干満の影響を受けているらしく、頻繁に川が逆流します。
春になると、水かさが増すと同時に大小の魚が遡上。
併せてカモメ、サギ、カワウ、カモなどがセットで現れます。
時々カワセミもいます。
写真は濡れた羽を乾かすカワウ。


posted by 46ma at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

「児童文芸」挿画裏話

2011年4月1日発行の「児童文芸」2011年4・5月号に挿画が掲載されました。
「児童文芸」は(社)日本児童文芸家協会という団体の協会誌です。
私は会員ではないのですが、絵本創作の恩師だった高橋宏幸先生が協会の理事長を務めておられていた事が縁で、会員さんの挿絵を描かせて頂く機会があったり、協会誌の表紙を描かせて頂いたり、大変お世話になっています。
カツオドリ.jpg
この絵は特集「絵からはじまる物語」の創作コーナーで、小学生中年向きの絵を描いてください、と依頼を受け描いたものです。
文章と絵で作者が違う場合、たいていは作家が先に原稿を書き、それを読んで画家が挿絵を描くというのが一般的ですが、この特集ではその行程を逆さにして、画家が先行して絵を描き、それを見て作家さんが執筆する、という、なかなか面白い企画でした。

掲載誌が送られてきたので早速読んでみると、私のお相手をしてくださる予定だった作家さんが変わっていて、びっくりしました。何かあったのでしょうか、理由は不明です。
また、何より残念に思ったのは、作家さんが「カツオドリ」を「かもめ」としていた事です。しかも文章では完全にカモメが話の中心となっていました。
話と絵が一致する必要は全くありません(逆にかぶらないほうが良いくらいです)。
しかしモチーフそのものが別というのは…
さすがにちょっとショックでした。
私の技量が不足しているせいでもありますが、おもいっきり前面にカツオドリを描いてしまった私としては、せめて入稿前に、一回だけでも原稿を読ませて頂きたかったと思いました。。。ぜひ、次回同じような企画がありましたら、最後のチェックタイムを入れて欲しいです。

ちなみに、いちおうカツオドリには理由がありまして、
カツオドリは南の方へ行かないと見られない鳥なのです。
というわけでこの船は南へ向かっているということになります。

話は全く変わりますが、この号の特集の、「私が描くとき」というコーナーで、山本省三さんがご自身の創作にからめて、高橋宏幸先生の事を大変細かく書いておられます。高橋先生をご存じの方は一読を。お勧めです。
posted by 46ma at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。